スポンサーリンク

わかりやすい!【外構工事業者を100%見分ける】

いい業者の見分け方 【外構・エクステリアのお役立ち情報】

ただ腕の良い職人さんに仕事してもらいたいんです!

というニーズはうっすら消えかけています。

 

むしろ、きっちりと「施工基準」「サービス」をクリアできるということが当たり前の時代に突入したのではないかと感じます。

近頃の外構工事を見ていると“いい加減な工事業者”と、“きっちりとサービスが出来ている業者”の格差が非常にわかりやすく出ている気がします。

とても良い傾向なのでさらにその中でも選別していきますね。

 

今回はパフォーマンス部分に関して良い業者とは何か?
という視点で書いていきます。それではやっていきますよ!

みなさん外構工事業者を選ぶにあたって、いくつの選択肢、レパートリーがありますか?

 

ちなみに、私個人が思う印象ですとこんな感じです。

 

まず、どこに頼んでいいかわからないから「工務店」や「ハウスメーカー」に言われるままに進めていくもの。

少し高いなと思ったらインターネットで良さそうな「外構工事専門店」に目星をつける。よくわからないままプランや工事を施工してもらいこんなものかと何事もなく無事終了。

 

ほとんどがこの2通りだと思います。
実際にどこも同じなんじゃないの?と思う人も多いと思います。

 

断言します。

業者さんによって全然違いますよ。なので今回絶対に抑えてほしいポイントがいくつかあるので共有しておきます。

 

私のブログで何度か紹介しています、おすすめの外構工事業者さんの選び方は必ず見てください。

「最新保存版!【おすすめの外構エクステリア業者選び】」

せっかくですのでここも一度復習しておきますね。

 

まずは「インスタグラム」で社員の顔が見える業者さんを選びましょう!

 

それに加えてやはりアクティブな投稿数なんかも注目してみてください。毎日更新してる業者さんなんて最高ですね!

 

次は「Googleマップ」で検索ですね。

自宅(新築建築中の場合は、自宅を建てるところ)から「外構工事」などのワードで検索。

 

お住いの地域の「外構工事専門店」がすぐに出てきます!ここ良さそうだな!と思うところを調べてみましょう!

 

無料であれば相談するのが一番手っ取り早いし無駄がありませんね。

ここまでは今すぐできる外構工事業者さんの選び方なんです。

 

この検索方法に加えて実際にここで決めると想定して、今から書く「5つ」のこともチェックしてみてください!

① 現場調査時、営業及びプランナーの服装に清潔感があるか

ここは基本中の基本。
できていない業者はすぐにでも断りましょう。

 

清潔感は絶対重要ですのでここに気配りのない業者はとにかく仕事も期待できません。

② 若いのにしっかりしている社員だなと少しでも感じる

会社の社風がいい証拠ですね

 

教育も行き届いているようですのでおすすめです。

 

しっかりした若い人材はしっかりとした会社を望んでいます。

類は友を呼ぶ。ですね!

③ 社長の意思や存在がはっきり見える

会社全体の話です。

 

私の出会った業界の素敵な会社の経営者さん達はみんな揃って声を上げています。

 

「前にでる」これですね。

 

やはりユーザーに直接顔が見えないようにしているのはどこか自信のなさを感じてしまいます。

「インスタグラム」「ブログ」など絶対にチェックするべきだと推奨します!

 

全国の経営者さん達の熱い思いもまた次回書いていきます!

④ 会社の車にブランド名(会社名)の記載がある

これ結構わかりやすいですね。

 

大きければ大きいほど自分たちは頑張っていますよと宣誓しているようなものですね!

少し癖の強い会社に見えますが、なにせ大きな看板をつけて地域をぐるぐる回っているわけですから、みなさんの「目」が恐ろしいほど光って見えています!

 

悪いことは絶対にできないですね。

 

逆に、中途半端に社名を少しだけ表記している、無記名なままなのは当たりはずれ多いですから気をつけてください!

あと、依頼したはずの会社名と違う会社名の車が現場調査に来たら要注意です!

 

必要のないお金が発生している可能性しかありません(笑)
100%確定です。

 

見積もり金額だけならそちらのほうが安い場合もありますが、外構工事はコストだけをみると失敗する確率がグンと上がります。

⑤ 工事単価が前もってわかる

前回ブログの、みんな絶対見せたくない!【外構工事見積り掲載の理由】に書きましたが、これは結構みなさんの気になっていることだと思いますのでポイント高いですね!

 

 

ホームページできっちりと「費用感」のわかる業者さんの選択を
おすすめします!

 

 

まったく予算や相場のわからないホームページを見て依頼する時代はすでに終わっています。
見直しましょう!


さて今回は業者選びの方法から重要なチェック項目も紹介してきましたがいかがでしたか?どれも決して見逃すことはできないチェックポイントになっていると思います。

 

1つでも多くの項目に当てはまる外構工事業者さんに出会えるように計画を立てて挑んでいきましょう!

 

最後まで見ていただいてありがとうございました。
今後もためになる記事書いていきます!
今後の励みにもなりますのでよかったらコメントもお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました