スポンサーリンク

エクステリアで起業!【素人から2年で楽に月100万円稼ぐ為のポイント】

2年で100万円稼ぐポイント 【外構・エクステリア業界に携わる人へ】

なぜエクステリアなのか。

外構工事やエクステリアの業界で、圧倒的に単価が上向いているのがエクステリア金物の販売・取り付けだからです!私自身もエクステリアを始めたのは約6年前(2020年現在)。

ここでいうエクステリアとは「カーポート」や「テラス屋根」、「人工木ウッドデッキ」、「サンルーム」などの事を言います。

外構工事・エクステリア業界で働きだした当初から「機能門柱」や「フェンス」、「門扉」、「立水栓」などは外構工事の施工をしていると、必ずしなければいけない箇所でしたので経験済みでした。

少し専門的になりますが、外構工事とエクステリアは全く別物なんですね。

 

今回はブロック積みや土間コンクリートなどの施工を行う外構工事ではなく、エクステリア商品を取り付けする「エクステリア施工士」で月に“100万円”稼ぐ為のポイントを書いていきます!

結論から言いますが、誰にでも2年あれば必ずできますが、それ相応な努力が必要ですし、通常の会社員のような労働という観点ではこの仕事は達成できません。

 

もちろん何もできないのにいきなり起業は無理です。

どこかの会社に見習いで入社した後、もしくは起業を決めた時点から2年間が勝負です!

 

ただ働きに行って技術を学ぶだけではなく準備が必要な部分が多々あります。
実際に私もこのポイントを押さえて、あるエクステリア販売店で販売数日本一にまでなることができました!今からエクステリアで起業を考えている方、または何か行動したくてもやもやしている方!是非最後まで読んでみてください!

 

具体的な年収例も同時に書いていきますよ!
それでは早速押さえておきたい4つのポイントを
共有していきます!それではやっていきますよ!

・得意な商品やジャンルを明確に作ること
・少しでも安く仕入れができる問屋を探す
・打合せも自分で積極的に
・最後は集客!
「危険!建売りの外構工事・エクステリアは今すぐ辞めろ!
【たった2つの下請け職人から抜け出す方法】」
を熟読すること

 

・得意な商品やジャンルを明確に作ること

例えば、

カーポートの取り付けが大好き!

と思ったら1人でもたくさんの人(SNSやお付き合いのある問屋さんや工務店その他エクステリア販売店など)に言いすぎくらいにこの仕事が好きだ!と伝える事です。

キャリア20年のフラットになんでもこなせる職人さんは、こんな記事を読まなくても月に100万円以上簡単に稼ぎだしてしまうでしょうから、今回はそれ以外の「素人」又は「経験の浅い人」でも誰でも簡単にという観点で書いていきます。

 

人はイメージが一番大切なんです!もしあなたが「カーポートの施工に自信を持っている!僕に任せて!」と言えば言うほど世間のあなたの印象は「カーポートが得意な人」ということになります。しばらくはカーポート漬けになりますが、誰よりも詳しくなり、より専門性が高くなります。

 

さらなる高みを目指していけば本物のカーポートマスターになること間違いなしです!

ちなみにどういった形態で働いているかにもよりますが、販売店の下請けで工事のみを請け負いしている場合、一般的な取り付け単価は「1台25,000円」

平均的に毎日仕事をこなした場合で25日(現場仕事に土曜日休みはなかなかありません。)この時点での売り上げは「625,000円」になります。

これでも十分この業界で起業するメリットはありそうですが、今回は100万円を目標にしているので、次のポイントでどんどん加算していきましょう!
(今回は仕事量も安定しているカーポートを例にしましたが、これが2つでも構いません。要はイメージを大切にしながら自分を売り込んでいくことが大切なのです。)

 

・少しでも安く仕入れができる問屋を探す

カーポートの取り付けで手に入れた安定収入に加え、商品を自分で販売することを2年後の目標として立てていきます。

 

ここで大切なのは商品の仕入れですね。

販売元になるわけですから、販売するエクステリア商品を安く仕入れる事が可能になれば、利益に直結するのはわかりますよね!ここで大切なのは情に流されないこと。

一旦業者さんとお付き合いしたとしても

ちょっと違うな。。。


なんて少しでも思ったら付き合いが長くなる前に柔軟な会社に切り替えましょう!

問屋は1つではありません。

実績も増えればメーカーとの直接取引なんてこともあるかもしれません。
ここでの利益率は商品やメーカーによっても様々なので定額ではありません。

例えば月に3セットの車1台用カーポートが売れたとします。
1台当たりのおおよその利益は15,000~25,000円程度なので×3台の平均値で60,000円の売り上げになります。

この時点で685,000円の売り上げですね!

 

じわじわ来てますね!それでは次!

・打合せも自分で積極的に

 

毎日施工しているのにそんな時間あるの?

なんて思うでしょうけど、実際にここで説明している設定はめちゃくちゃ緩くしています。

カーポート1台の取り付けは、慣れてくれば8:30スタートで12:00~13:00には終わっています。午後の空いた時間を有効に使うために新規のお客様の現場調査や打合せに使ってください!ここでパチンコに行ってしまう「施工士」さんはたくさん知っていますが、もったいない(笑)

わざわざ負け戦へ行くくらいなら「自己投資」「ユーザー還元」にお金を回したほうが圧倒的に2年後の自分が変わりますよ!話が逸れましたが打合せに自分が行くことで商品の提案ができるメリットができるのです。

単純に指定された商品を取り付けするよりも、はるかに仕事も楽しくなります!

 

もちろん商品単価や施工単価も上げることが可能です!

現場調査ができるようになれば必要とされるプレイスが増えます。

ホームセンターやネットショップも現場調査が必要なのでいいかもしれませんが、あまりにも単価の安いところは避けましょう。カーポート1台取り付けて2万円を下回る場合など。

たいていの場合は、問屋や工務店よりも現場調査に自分でいかなければいけない分、単価が上がる場合が多いですよ(1件15%UPで3,750円×25セットで93,750円プラスです。)

778,750円まで来ました!
残り221,250円!

シンプルに商品販売数を増やせば一番いいのですが、簡単ではないのでもっと簡単な方法を共有します!それは複合工事をこなすこと。

カーポートも取り付け終わって、昼からの時間に打合せも夕方からしかない場合、門扉や立水栓、テラス屋根などの複合工事を前もってスケジューリングしてしまうんです!

 

時間割みたいなものですね!

平均単価は15,000円月に10セット施工した場合で150,000円!合計928,750円!

これに消費税を加えて「1,021,625円!!」

 

達成しましたね!


これが実際に私が達成してきたスタンダードなイメージですが、もっと元請け仕事を増やしながら収入を増やしたいという方は次!

・最後は集客!
「危険!建売りの外構工事・エクステリアは今すぐ辞めろ!
【たった2つの下請け職人から抜け出す方法】」
を熟読すること

 

これが最強です!今すぐ成果は出ません。

だからやりがいがあるんです!実際に検索にヒットしてくるまで(上位表示されるまで)1年ほどは覚悟してください!

その期間も今回のこの2年間で楽に100万円稼ぐ為のポイントに含んでいます。

「Googleマイビジネス」「SNS」は難しいことは何も考えず、とにかく更新し続ける事で必ず仕事は増えます!

 

何度も言いますがすぐに成果は出ません!
毎日毎日の積み重ねが最も大切です!


今回の「エクステリアで起業!【2年で楽に月100万円稼ぐ為のポイント】」いかがでしたか?このブログを素直に見てくれているあなたには絶対にクリアしてもらいたいので、今日今すぐできる事から始めてください!

もはや自分に自信があるのに発信していかない理由は全くありませんよ!頑張りましょう!

最後に、あなたはもう2年後に月100万円以上稼ぐことが出来ますが、これは儲かっているのではありません。別にお金持ちではありませんしね。

生活がきつくなるまで高級ブランドを買いあさったり、高級車に乗ったりと1円にもならないお金の使い方は絶対にやめましょう。

お金を手に入れることはチャンスをいただいているのだと考えるようにしてください。

何度も言いますが勉強して自己投資してユーザーや周囲の人たちに還元していくことを常に考えてもらえるととっても嬉しいです。自分で自分を潰さないように気をつけてください!


最後まで見ていただいてありがとうございました。
今後もおすすめ情報や集客に関するお得な情報をキャッチし、外構工事・エクステリアが大好きなみなさんと共有していきたいと思います!今後の励みにもなりますのでよかったらコメントも
お願いします!

コメント

  1. 宮腰あさみ より:

    はじめまして。Twitterからこちらのブログを発見しました。

    主人を外構職人として独立させたく、これから2年程で資金200万円貯めて必要であれば融資も受けようと考えて準備しております。

    一人親方でも500万必要と記載がありました。外構職人の起業のための情報はとても貴重で、すごく勉強になります。

    資金がないためダンプなどはリースしようと思っていたのですが購入したほうが後々良いのでしょうか?

    また、今働いている会社に独立したいことを話したら、外構はいまお客様が減ってきているからやめたほうがいいと言われました。やめずに働き続けることが安定だと。

    こちらのブログを拝見し、やる気や勇気を頂きました。本当にありがとうございます!

    • 成重祥平 より:

      当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

      外構工事の職人として起業を目指して頑張っておられるという状況で、まさに参考にしていただきたい方に読んでいただきうれしい気持ちでいっぱいでございます。

      いくつかご質問いただいておりましたのでご回答させていただきます。

      ・資金がないためダンプなどはリースしようと思っていたのですが購入したほうが後々良いのでしょうか?

      A.ダンプのリースは最初の1年程度なら良いと思います。が、一番のおすすめは程度の良い中古のダンプです。年商の少ないうちはなるべく資産を増やすことを考え、使い捨てになるリースはなるべく控え、購入することをお勧めします。購入金額と売却金額の差が低いうえ減価償却で経費として一部落とすことが可能です。仕事の量を見て無理をしない程度に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

      ・今働いている会社に独立したいことを話したら、外構はいまお客様が減ってきているからやめたほうがいいと言われました。やめずに働き続けることが安定だと。

      A.会社の経営方針にもよりますが、エンドユーザーを相手にする商売ですので多かれ少なかれ景気に左右されます。年間新築棟数も減少しているのが現状です。この業界で独立を考えないのであれば営業や職人さんとしてではなく、裏方のお仕事、つまり集客側の立場に立たなければ何もメリットはありません。
      景気がよかろうが、悪かろうが関係なく、会社員でいることのメリットを考えてみるといいのではないでしょうか?景気が悪くても仕事がいつもある人と、景気のせいにして仕事が減る人、どちらになりたいかで方向性は変わります。
      強い気持ちで挑んでほしいです。

      色々と勝手な個人の見解を述べていきましたが、少しでも参考にしてもらえればと思います。
      頑張ってください! 行動力!!

タイトルとURLをコピーしました