スポンサーリンク

エクステリアで起業!現役外構工事・エクステリア会社経営者が書くブログ 【Vol.1】

失敗しない起業1 【外構・エクステリア業界に携わる人へ】

「起業」を成功させる為に。〜Vol.1〜

今回は、【エクステリア・外構工事】で「起業」を目指す、または「起業」したばかりという、あなたを確実に、成功へ導くことのできるアクションを2部構成で共有していきたいと思います!

 

これは、実際に私が実践してきたことも含めて書いていきますので、その辺にある詐欺商材ではありません。

 

読んではみたけど、最後まで実際に何をすればいいかわからない。

なんていう内容ではないので、最後まで見ないという選択肢はありません。

 

私は21歳の時、外構工事、造園工事の施工をメイン業態として「起業」しました。

結論から言うと、25歳で会社を潰すことになってしまったのです。

 

現在は、大阪で社員20名の外構・エクステリア工事専門店を経営しています。

 

その頃は、今のように起業に関しての情報商材はほぼ、詐欺まがいのものばかり。

「お金儲けの方法教えます」「3ヶ月で月100万円稼ぐ」みたいなものですね。

今でもあると思いますが、こういった商材しかなかったんですね。

 

情報量の少ない時代では情報が有料だったんですよ。

しかも、とんでもない金額で売られていたのを覚えていますし、正直、何度も購入しようと考えました(笑)

 

今回のブログは、読んでアクションに移せる人であれば誰でも確実に成功する方法を【Vol.1】【Vol.2】と2回に分けて紹介して行きます。
それではやっていきますよ!

① 失敗する理由
② まずはじめにする事
③ 自分しか自分を知らない
④ 人としてのブランディング
⑤ 自分がやりたいことをする

① 失敗する理由

私が、1度目の「起業」の際に失敗した理由はいくつかあります。

 

まず、大きな理由は、仲間を守るために自己を犠牲にできなかったから。

 

具体的な話で行くと、「時間」「お金」です。

 

外構工事や、エクステリアに限らず建設・建築関係は「クレーム」が多発する業種のひとつなのは、最初に知っておいたほうが良いですよ。

経験を重ねてもこれは変わりません。

 

数が減ったり、内容や問題の出る場所は変わりますが、「クレーム」という大きな分野に分けると必ずあります。

この問題が起きた時の対応の仕方で、今後、自分のまわりにたくさんの人がいるか、いないかが大きく変わります。

 

当時25歳、自分の生活を最優先にしていた私は問題が発生した時、自分を守ることを一番に考えてしまい、問題に対しての責任の分散が全くできませんでした。

 

この後、どうなるかはもうわかりますよね?こんなプライドだけが高い若僧は、この業界に必要なかったんですね。これが一つ目の理由。

 

そして二つ目は、あらかじめ金額が決められた請負工事を繰り返してきたこと。

 

なにも疑いもせずに、元請けを信じ続けたことです。

 

皆さんもご存じかと思いますが、大手企業で【株式会社キーエンス】という法人があります。

この会社の価格設定の仕方を聞いたときは、もう驚きすぎてしびれたのを今でも覚えています。

 

「顧客の欲しいというモノは創らない」は、有名ですが「市場原理・経済原則が判断基準」という価値観に驚きました!

 

わかりやすく言うと、世の中の人が欲しがっている「数」がその商品の価格なんだということ。

 

誰かが決めた相場というものに全く従わず、スタンダードを独自で決定しているんですね。

 

こういう考えが当時なかった事も大きな敗因だったんですね。

 

ここでは、失敗したことの具体的なイメージをつけてもらい、その真逆の発想に切り替えてもらうことが今できるアクションになります!

 

外構工事・エクステリアの業界は、ほとんどの業態が下請け工事による少人数での「起業」が大部分を占めています。

この時点でもう駄目ですね。

 

とはいえ、はじめから自分で集客して、リピーターをつけて、みたいなことができるわけもないので実績をもっと作るためには、必要な過程なのは間違いありません。

 

リスクはありますが、どこかに勤めて社員でいるよりも資金を作るのは早いですからね。時間は本当に大切ですよ。

② まずはじめにする事

失敗の大きな理由は理解できましたか?

 

そんなことわかってるよ!って、思った方も実際にこんな局面が絶対に来るので、その時はこのブログを思い出してアクションしてください!

 

それでは、「起業」すると決めてからまずはじめにする事なんですが、それは、圧倒的に「人にたくさん会うこと」です。

起業すればあらゆるところから声がかかります。

 

しかし、声がかかるところに身を寄せてしまうのは絶対に危険です。

社員でいるときと、あまり変わらない状態になってしまう可能性が高いです。

家族経営を目指すのであればそれでもかまいません。

 

「成功」とは人によって違いますが、今回は外構工事・エクステリア業界で飛躍的に活躍する事を、目的にして書いています。

私がよくやったのは、「各セミナーに参加する」「会いたいと言われた人には必ず会う」この辺は基本です。

 

ただ、今思うと「セミナー」なんて100%行く必要はありません。

 

なにも解決できる場所ではありませんし、特定の人がお金儲けするための場所でしかありません。

それ以上のリターンは今思うとなかったですね。

 

そんな中で、私が実際にやってきて一番成果も大きく、スピード感もある方法がこれです。

 

【Google】「外構工事 協力業者募集」・「エクステリア 業者募集」+「エリア」などで、工事を発注したがっている元請けに直接、問い合わせをして会いに行く事です。

 

但し、1社や2社だけでは決めずに、最低でも必ず、10社程度の元請けと実際に会ってください!

 

この人たち全員とうまく仕事をしていく事は不可能なので、「話が合う」、「方向性がとても近い」という元請けに絞って2〜3社程度お付き合いしてください!

 

1社だけに絞るのも絶対やめてください。

ここで出会った人たちは間違いなく一生の付き合いになりますし、自分に足りない部分がそこには必ずあります。

 

ここで気を付けるべきポイントはここでは書ききれないので最下部に過去ブログで共有した記事のリンクを貼っておきます。

 

失敗しないために絶対に見てください!何なら自分がわかり易いようにメモに書き出してください!

 

ここまでが、「まずはじめにする事」でしたがいかがでしたか?

すべての内容が書ききれないので残りは次回「Vol.2」で、書いていきたいと思います。

 

 最後に、絶対に気を付けてほしいポイントはこれです!「外構工事で起業!こんな元請けには気を付けて!」絶対に読んでください!


最後まで見ていただいてありがとうございました。
今後もためになる記事書いていきます!
今後の励みにもなりますのでよかったらコメントもお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました